カテゴリー: その他の公演

銕仙会 定期公演の再告知

6月9日(金)に銕仙会定期公演を行います。

まだお席が残っておりますので、是非足を運んでいただければと思います。

演目:

能「千手」えい曲之舞 鵜澤 久

狂言「水掛婿」    小笠原 匡

能「阿漕」      西村 高夫

 

場所:宝生能楽堂

時間:午後6時開演

S 6,500円

A 6,000円

B 4,500円

C 4,000円

学生席 2,700円

学生席は当日、空いている席を利用していただきます。

 

お問い合わせ:銕仙会

03-3401-2285

 

 

 

銕仙会定期公演のお知らせ

6月9日(金)宝生能楽堂にて銕仙会定期公演で「千手」を舞います。

「平家物語」を典拠に、捕らえられ死を目前にした平重衡と舞姫千手との束の間の交流と惜別の情を描いた能です。

S席 6,500円

A席 6,000円

B席 4,500円

C席 4,000円

学生席 2,700円

お問い合わせ:銕仙会

03-3811-4843

 

 

 

 

 

囃子科協議会定例公演    「羽衣」

去る3月15日に囃子科協議会の定例公演で「羽衣」を和合(わごう)の小書で舞わせて頂きました。

小書というのは普段とは違う特殊演出を言います。

曲名の左横下に小さく書くので「小書(こがき)」と言います。能の番組でこの小書を見つけたら、ああ今日は特殊演出で演じられるのだなと思ってくださればいいのです。

そしてこの「羽衣」には三通りの演出があります。

一つは常のやり方、二つ目が今回の「和合之舞」そして三つ目が一番グレードが高いとも言える「彩色之伝(さいしきのでん)」です。

常の演出は当然、構成もしっかりしているこの曲を省略せずそのままを堅実に演じます。

三つ目の「彩色之伝」は人間にとって天上界はかけ離れた世界であって、仰ぎ見ることはできても近づくことも交わることもできぬ異次元の世界。つまり、天人、それも月の世界の天人の神々しいまでの美しさを強調するような演出といえます。

私が昔、八世銕之丞 先生にこの小書を稽古して頂いた時に、小書の一番大事な場面であるイロエ(彩色)の所は、まるで氷に閉ざされた氷室(氷の世界)の中で天人のつけたキラキラとした冠の瓔珞(ようらく)が触れ合って「チリンチリン」と氷の中で音が響くようなそんな世界なんだと言われ、月は発光体じゃないんだ、太陽に照らされて初めて輝く、そういう天体であること、無機質の冷たい世界なんだ。そう言われたことをよく覚えています。

それに対して今回の「和合之舞」は、クリ、サシ、クセもあり、地上の世界と天上の世界を描きます。

地上界と天上界が合い和すような華やかさがあり、面も小面でやるように、と、昔父は言っていました。

小面となれば当然、可愛らしさや可憐さが印象に残ると思います。

又、天冠(てんがん)の上に乗せるものも常の演出では「月」、和合之舞では「鳳凰」、彩色之伝では「白蓮」をつけます。

羽衣は曲としての構成がしっかりしていますが、それほどのストーリー性があるわけでも起伏に富んだドラマ性があるわけでもないですから、ある力を持続して終曲まで持って行かなければならない、かなりしんどい曲であると今回改めて思いました。

春爛漫の、明るい、どこかたゆとうメランコリックさも感じられる舞台面だと思いますが、演じる側にとっては、かなり難しい曲だと思います。でも、まっすぐな曲なので、演じていて心地よさをとても感じます。

国立能楽堂の空間に、三保の松原と富士山という日本人にとっての原風景を見て取っていただけたら嬉しいと思っていました。

ご覧下さった方々、ありがとうございました。

 

 

 

 

東京能楽囃子科協議会 2017年3月15日(水)

演目

舞囃子  「高砂」「田村」「胡蝶」「放下僧」「船弁慶」

狂言    「附子」

能       「羽衣」

 

時間

12時30分開場

13時30分開演

場所 国立能楽堂

お問い合わせ

一般社団法人 東京能楽囃子科協議会 03-6804-3114

 

 

 

kissポート財団主催「赤坂能」のお知らせ

kissポート財団(港区スポーツふれあい文化健康財団)主催の『赤坂能』についてのお知らせです。

能「天鼓・弄鼓之舞」の前シテを観世銕之丞、後シテを鵜澤光が演じます。

チケットはkissポート財団にお申し込み下さい→kissポート財団ホームページ

以下、kissポート財団ホームページより抜粋です。

中国後漢の時代、鼓の名手少年天鼓の死で、天から降ってきた世にも美しい音が響く鼓は鳴らなくなってしまう…能「天鼓」の物語。午前は能のワークショップ「謡と型」「楽器体験」。初心者にも楽しんでいただける、能三昧の今年の「赤坂能」公演です。
[演目・演者]狂言「清水」:山本泰太郎
能「天鼓・弄鼓之舞」:観世銕之丞(2011年6月紫綬褒章受章)、鵜澤光
■チケット:Kissポート価格2500円
一般2800円
■発売日:12月6日(火)9:00~
■申込み:Kissポートチケットセンター
☎03(5413)7021
■問合せ:Kissポート財団 事業課
☎03(5770)6837
[主催]Kissポート財団
[協力]社団法人 銕仙会

銕仙会七月定期公演「氷室」「俊成忠度」

平成23年7月8日(金)18:00〜宝生能楽堂にて銕仙会の定期公演が行われます。

[番組]

能「氷室〜白頭〜」観世銕之丞ほか

狂言「止動方角」野村万蔵ほか

能「俊成忠度」鵜澤光ほか

俊成忠度は銕仙会では38年ぶりというあまり出ることのない曲です。小品ですが、印象のよい曲です。

是非ご高覧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

こちらでチラシの詳細をご覧頂けます。

第20回記念 能楽体験・鑑賞教室  平成22年7月25日(日)、26日(月)、31日(土)

「600年の歴史を体験しよう」
能は日本の文化と歴史がひとつになった、すばらしい伝統芸能です。
日本だけでなく世界の人々も興味や関心をもっています。2001年
にはユネスコの世界無形遺産に認定されました。
では、能とはどんなものか、自分の目で見、声をだして、舞台で舞う。
また、能につかわれる楽器にさわってみる。それが発見の第一歩です。
最終の日には、20年目に初めて「舎利」を鑑賞します。さあ、この夏、
能と出会って600年分の日本を体験しましょう。(チラシから)

体験のとき指導してくださる先生方:
仕舞・謡:観世流シテ方 鵜澤  久(重要無形文化財総合指定)
笛       :森田流笛方     内潟 慶三(重要無形文化財総合指定)
小鼓     :観世流小鼓方 鳥山  直也
大鼓     :高安流大鼓方 佃  良太郎
太鼓     :観世流太鼓方 徳田  宗久(重要無形文化財総合指定)

日程と内容:
7月25日(日)PM1:00~3:00 
         能のお話と子供による仕舞
7月26日(月)AM10:00~12:30午前の部
あるいは同日 PM1:30~4:00午後の部 どちらかお選び下さい。
         能楽体験 仕舞、謡、笛、小鼓、大鼓、太鼓
7月31日(土)AM11:00から
         能「舎利」鑑賞

会 場: 川崎能楽堂(JR川崎駅より徒歩5分)

対 象: 小・中学生(保護者・一般の方の参加も歓迎します。)

定 員: 100名(100名以上の場合は抽選。)グループ参加も可。
      7月17日締め切りとしますが、定員に満たない場合は受付を続けます。

受講料: 2500円(鑑賞費、教材費を含む)
      能のみを鑑賞される保護者の方々は2000円の鑑賞費が必要です。

申し込み・お問合わせ:
財団法人 川崎市文化財団 夏休み能楽体験係
電 話:044-222-8821(9時~17時)
ファクス:044-222-8817
http://homepage2.nifty.com/k-bunkazaidan/

第七回塩尻能「こども仕舞発表会」のご案内

お稽古風景

六月十九日(土)午前十時から、こども仕舞発表会が同会場にて開催されます。
鵜澤久、鵜澤光が一月から約十五回に及ぶ謡、仕舞の稽古を続けてきた塩尻
市内園児・小学生十五名が舞台で発表します。川崎こども能楽教室の生徒達も、
友情出演します。
引き続いての本公演では能「鞍馬天狗」の子方(子役のこと)の花見の稚児役と
して、プロの能楽師の舞台に、年長の子ども達が出演させていただきます。
こども達の練習の成果をぜひご覧ください。

日 時:平成二十二年六月十九日(土)
開 演:午前十時
場 所:レザンホール大ホール
料 金:子ども仕舞発表会は無料です
お問い合わせ:レザンホール  0263-53-5503

第七回塩尻能のご案内(平成22年6月19日・土曜日)

能「巴」 シテ鵜澤久、ワキ宝生欣哉、アイ高野和憲、
仕舞「竹生島」 鵜澤光、
仕舞「岩船」 浅見慈一、
狂言「二人大名」 野村万作、
能「鞍馬天狗」 観世銕之丞 など

日  時  :平成二十二年六月十九日(土)
開  場  :午後十二時半
開  演  :午後一時
終演予定 :午後四時五十分
場  所  :塩尻市文化会館レザンホール(長野県塩尻市)
入場料 :S席五千円 A席四千円 高校生以下千円 (全席指定)

お問合せ先:レザンホール 0263-53-5503
ホームページ http://www.raisin.or.jp/new/20100619.html

銕仙会 青山能 のご案内 (平成22年6月23日・水)

能「三輪」  鵜澤光
狂言「水掛聟」 三宅右矩

日 時: 平成二十二年六月二十三日(水)午後六時半始、各回能楽小講座付。
場 所: 銕仙会能楽研修所 東京都港区南青山4-21-29
入場券: 一般前売券 四千円、 学生前売券 二千五百円
      お問合わせ、お申し込みは銕仙会 ℡03-3401-2285
      http://www.jade.dti.ne.jp/~tessen/

\yt LVv
Copyright © Hisa Uzawa. All rights reserved.