「門前町初夏の謡、仕舞そして小鼓」 を終えて

6月18日(日)多賀あさひやさんにてワークショップを行いました。

ボストンのウェルズリー大学で能の公演とワークショップに招待された時、呼んでくれた小沢和子さんが、このたびご実家を引き継いでご自宅の古民家を再生し、地域の人のサロン、観光客のためのカフェとして開店するに当たり、生前、能に造詣の深かったお父様の影響もあり、今回のオープニングに当たり何かやってくれないかとの私の所へお話がきました。

 

 

多賀町というところは、近くに「猿楽発祥の地」と言われる場所もあり、彦根城も近く、能楽に興味のある人たちが多く、70人ほどの来場者の中には能に詳しい人もいれば、子供達の姿もありました。

面や装束の説明や、実際に声を出して謡いの稽古や、小鼓の体験もあり、そのあと仕舞「敦盛」キリと、「羽衣」キリを演じました。

最後に久田氏の小鼓とともに「高砂」を舞いました。

「高砂」は祝いの舞ですので、多賀あさひやさんの開店にふさわしいものになったと思います。

 

多賀あさひや

522-0341 滋賀県犬上郡多賀町多賀627 (多賀大社門前)

カフェ営業時間/11am-5pm 定休日/月、木曜日

 

\yt LVv
Copyright © Hisa Uzawa. All rights reserved.