カテゴリー: 新着情報

「檜垣」を終えて part2

前回の続きを書かせていただきます。

昨年12月24日に第二十回鵜澤久の会二十周年記念において「檜垣」を披かせていただきました。

このような大曲を披かせて頂いたことは、今の私の年齢などをかんがみ、大変有難い事だったと思っています。

もし、「姨捨」と「檜垣」といわれたなら、私は「檜垣」はやれたらやりたいと、ずっと思っていました。私の父が七十七歳で独立五十周年の記念として、大変な思いで「姨捨」を披いた時のその舞台は、人間のいやらしさとかそういうものが全部無くてこうこうと照る月光の元、一人捨てられた老婆の何をするでもなくそこに存在しているだけの透明な世界を私は見ました。私はこれが「姨捨」という曲なのだろうと思いました。そして私はというと、寿夫先生の言われた「野宮」→「定家」→「檜垣」というラインの曲たちの方に心引かれるものがあるのです。人間の深い思い、妄執、忘れようと思っても忘れられない、逃れたくても逃れられない、そして八世銕之丞先生から稽古して頂く度毎と言ってもよい位に言われた女の業、女の性(さが)そういった事象に根ざした曲が私は好きなようです。「求塚」しかり。まあこれは本当に救われない悲しさを感じるこわい曲ですが。

そしてこの「檜垣」の演能については二、三年前から考え始めお腹の中で貯めに貯めていました。具体的には一年前から少しずつ稽古を始め、春、夏、秋と過ぎて行く内に自分の作っていった方向性のようなものが、その間の二回の稽古、下申合せ(大曲の時は、本申合せの前に一度申合せをします。そのことを言います)を通してはっきりして来ました。そして十一月十七日、十八日とこの曲のご当地である熊本の白川を訪ね、帰京して稽古をしたら、自分の中で何かが変わっていることに驚き、困惑しました。それから毎日の稽古の中で何かを取り戻そうとしましたが、不思議なことに元に戻らない自分がいました。私はもうあとはこの自然の流れに身を任すしかないと思い、当日を迎えました。

多くの皆様から、当日配らせて頂いた感想ハガキにご返信を頂いたり、お手紙、メール、お電話様々な舞台の印象をお聞かせ頂き、あらためて御礼申し上げます。

なかなか舞台で演じていると外側からどうだったのかは当然わかりません。皆様のご印象を嬉しく有難く思っております。

今、180度違う曲「高砂」稽古していて、つくづく能は面白いものだと思います。「檜垣」も「高砂」も同じ世阿弥がつくった曲と思うと、本当に世阿弥の天才ぶりに驚嘆してしまいます。また、今あらためて、世阿弥の身体論を読み直して、これが六百年以上前に書かれた論であることに又驚愕します。そして今、「高砂」の稽古と、宮澤賢治の「春と修羅」の稽古を同時進行していると、これ又、賢治生誕百年を経て、今、賢治の言葉の一つ一つが、今生きている自分の体から発せられた時、又それらが生き生きとしてくる、そんな作業をしています。三十七年の生涯の中で挫けながらも懸命に生きた賢治の力を具現化できたら面白いと思っています。

一方、生きとし生けるものに与えられた生命の息吹エネルギーの発露を「高砂」で舞台上に見せることができるよう、力一杯がんばります。

それぞれご覧いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

能・狂言鑑賞入門

武蔵野大学において、三浦裕子教授による能「高砂」についての講演があります。

第三回目の3月16日に私が壇上いたします。

お問い合わせは武蔵野大学まで。

042-468-3222

武蔵野大学社会連携センター

 

 

 

国立能楽堂3月公演のお知らせ

3月 24日国立能楽堂で能「高砂」をやらせていただきます。

「高砂」は二十代の時に観世寿夫先生から

「高砂は能役者にとっての、すべての基本といえる曲だから、(声を出すこと・カマエ・ハコビ・曲の構成すべて)」

とおっしゃり、稽古して頂き、銕仙会の稽古能でもさせていただいた私にとっても大事な曲です。

只、脇能(神能)の最たるこの曲を実際の舞台にかけることはずっと控えていました。

しかし、今回、国立能楽堂よりの思わぬご依頼をいただき、喜んで引き受けさせて頂いた次第です。

生きとし生けるものが持つエネルギーが自分から発せられるよう、檜垣とはまるで異なるこの曲を、今稽古しています。

国立能楽堂主宰のこの公演がこれからも継続して行ってもらう為にも一人でも多くの方に御宣伝を頂きたく存じます。よろしくお願い申し上げます。

私の今年初めての舞台がこのおめでたい「高砂」という曲であることは、まったく有難く嬉しいことだと思っています。

 

 

銕仙会定期公演のお知らせ

葛城山に深々と降る雪。全ての音は雪に吸い込まれ、そこにあるのは静寂のみ。白、銀、灰の雪明かりの中にふっと灯る焚火のあたたかな色。一面の現世界、冴え冴えとした月に照らされて葛城の神は舞を舞う。

以前冬の時期に一人葛城山に登った事があります(ロープウェイです)。雪深い山頂から見た景色は未だ目に焼きついています。この世界を表現できるよう稽古に励んでおります。御高覧賜れば幸いです。

鵜澤 光

 

 

 

第111回川崎市定期能について (再告知)

9月9日(土)川崎能楽堂において、定期能があります。

お席にまだ余裕がございます。詳しくは能楽堂にお問い合わせ下さい。

川崎能楽堂:044-222-7995

 

また、「『清経』と『鵜飼』を面白く見るための事前講座」を8月27日(日)午前11時より川崎能楽堂にて開きます。

武蔵野大学教授・同大学能楽資料研究センター長の三浦祐子先生から両曲に関しての見方を含めた内容について、詳しく解説していただきます。

後半には、演者としての鵜澤久の視点のお話と、実際に謡と舞を皆さんにも体験していただき、楽しんでいただければと思います。

チケットをお持ちの方は事前講座は無料となりますので是非お越し下さい。

 

「清経」「鵜飼」両曲ともポピュラーではありますが名曲ですので、きっとまた新しい発見があると思います。

 

 

 

第111回川崎市定期能のお知らせ

平成29年9月9日(土)

川崎能楽堂にて、第111回川崎定期能「能と狂言」が催されます。

第一部 13:00開演 清経 シテ 観世 銕之丞 ツレ 鵜澤光

第二部 15:30開演 鵜飼 シテ 鵜澤久

 

詳しくは下記のUPLをご覧下さい。

http://www.kbz.or.jp/event/noh/20170909/

これまで善知鳥、阿漕と手がけてきましたが(三賤もの)「鵜飼」は前シテと後シテが別人格なので、その変化を是非ご覧になってみてください。

明日8月2日の午前9時より川崎能楽堂の窓口で発売開始。

その後は能楽堂に申し込み下さい。

 

川崎能楽堂

044-222-7995

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二十回記念 鵜澤久の会 チケット予約受付開始のお知らせ

平成二十九年12月24日(日)宝生能楽堂で公演の「鵜澤久の会」のチケット予約を開始しました。

詳しくは「チケット予約」画面をご確認ください。

 


「織姫能」を終えて

7月2日(日)に豊田市能楽堂の主催公演としては初めて女性の能楽師のシテとツレ、地謡も女性能楽師だけという催しがありました。

曲は「蝉丸」で両ジテ扱いとして替の型の形をとったので、逆髪が喜多流の大島衣恵さん、蝉丸が光でした。

喜多流と観世流がともに舞台に立つ異流共演でした。

地謡は私(久)が地頭で、観世流の女性能楽師だけで謡いました。これは五年前に梅若の山村庸子氏が主宰する、こころみの会でご依頼頂き、やったものの再演でした。地謡のメンバーはその時とは多少異なりましたが、ほぼ同様でした。

前回もそうでしたが、逆髪が喜多流であるということは、地謡を謡うにあたって、私にとってはさほど違和感は感じません。

観世流の逆髪の、割にハイテンションな狂女的な変化の起伏のある謡ではないけれど、その落ち着きも素敵だと思うし、こちらが様々に対応して行かなければいけないのだと思っていました。

(やはりクセの後のもって行き方がかなり大変でした。)

蝉丸のテーマはかなり重いものですが、現在能として、それぞれの場面鮮やかに描かれることによって、演劇としての面白さが浮き上がってくるのですから、そのあたりが難しい所だと思います。

しかし、能というものは舞台芸能としての完成度が本当に高いものであると、つくづく思うと同時に、それだけで人が見られる形にはなってしまうところが、危険な事だというようなことを、寿夫先生がおっしゃっておられたことを思い出します。

 

 

 

 

「門前町初夏の謡、仕舞そして小鼓」 を終えて

6月18日(日)多賀あさひやさんにてワークショップを行いました。

ボストンのウェルズリー大学で能の公演とワークショップに招待された時、呼んでくれた小沢和子さんが、このたびご実家を引き継いでご自宅の古民家を再生し、地域の人のサロン、観光客のためのカフェとして開店するに当たり、生前、能に造詣の深かったお父様の影響もあり、今回のオープニングに当たり何かやってくれないかとの私の所へお話がきました。

 

 

多賀町というところは、近くに「猿楽発祥の地」と言われる場所もあり、彦根城も近く、能楽に興味のある人たちが多く、70人ほどの来場者の中には能に詳しい人もいれば、子供達の姿もありました。

面や装束の説明や、実際に声を出して謡いの稽古や、小鼓の体験もあり、そのあと仕舞「敦盛」キリと、「羽衣」キリを演じました。

最後に久田氏の小鼓とともに「高砂」を舞いました。

「高砂」は祝いの舞ですので、多賀あさひやさんの開店にふさわしいものになったと思います。

 

多賀あさひや

522-0341 滋賀県犬上郡多賀町多賀627 (多賀大社門前)

カフェ営業時間/11am-5pm 定休日/月、木曜日

 

現代演劇「阿彌南陀無」の公演を終えて

5月28日に三日間四回にわたった劇団阿彌の演劇「阿彌南陀無」の公演が無事に終わりました。

 

日中は自身の能の稽古と、能の仕事があり、それを終えた後に夜7時から10時過ぎまでの稽古。

帰宅は12時を過ぎるという日々でした。もちろん食事はその後です。

 

内容はなかなか重いものでした。

只あまり身体を酷使するものでは無かった分、その静けさの中で、自分の心は色々に動き、それが果たして、自分の表現として舞台上に見えたのか、と、やや心配しています。

自分が意識しない内に身に備えられた能役者としての身体と声を精一杯使ったつもりですが・・・。

いずれにしても能でないこのような現代演劇に出演させてもらえる事も、自分の貴重な体験の一つとして無駄では無かったと思っています。

どこかできっと自分の肥やしとなっている。と。

 

 

 

\yt LVv
Copyright © Hisa Uzawa. All rights reserved.